保険のお話

24連休もしていて、お天気いい日も多かったのに、ほとんど家で過ごしていたこげっちです。
とりあえず健康状態は良くなりましたけど、なんか休みが勿体なかったなー。
なんだかちょっと悲しいので、今は「保険金いくらもらえるだろう?」と皮算用。計算通りの金額が入ったら・・・という妄想がせめてもの楽しみです(笑) 

かく言う私は保険業やってます。ノルマを課せられる立場の仕事じゃないので勧誘もしなくていいし、自分の生活の為にも勉強になるので、職場で得た知識をもとに自分の保険も設定してますので、今回のように急遽入院してもしっかり取り戻せるぐらいの計算をしています。


私が絶対に勧誘はしないということをわかってるからだと思うのですが、時々保険のことを聞かれたりするんですけど、知人から相談受けても「ここだけは注意して確認した方がいいよ」というアドバイス的なこととか、ホントに参考程度のお話しかしません。とりあえず「保険を損得で考えるのは違うからね」ってことだけは必ず言ってますけどね。

これ、仕事でも時々お客さんに「保険って使わない人は損だよね?」みたいなことを言われるんだけど、保険業をやってる者からすると「損得勘定するなら、銀行に積み立てて下さい」って思うんです。

そもそも保険はお互いに助け合うという「相互扶助」の精神で成り立ってるものなので、ケガも病気もせず、事故も起こさず事故にも遭わない人、つまり至って健康に至って健全に生きてる人が、ケガや病気をしたり、事故を起こしたり事故に遭ったりした人を助けるのが基本的な保険の仕組みなのです。

特に損害保険は、自分がやったことで他人の身体や財物を損壊してしまい賠償責任を負ってしまった時の補償が大半ですから、言い換えると他人の為に保険をかけるようなもの。

「損したくない」と思うなら、保険は勧めません。しっかり現金を貯めた方がいいです。
保険と並行して考えるにしても、貯蓄は貯蓄、保険は保険で別にした方がいいと私は思っています。


あと稀にいるのですが、強制加入の自賠責保険に入ってるから、任意保険は要らないと思ってる人ね。
これはとんでもない勘違いでして、自賠責は対人事故のみを補償するものなので、もし店舗とかに突っ込んでしまった対物事故は補償されないです。

対人事故も3000万円までしか払われないので、うっかり轢いちゃったのが今話題の前沢友作だったりしたら賠償額は確実に3000万円を超えるでしょうから、その超えた分は自腹で補償するしかありません。

そこで任意保険が必要になるわけです。

最近ではネット系の保険も増えていて自分で加入できるものがありますけど、よくわからないまま自分で手続きした後で事故を起こしたりして「えっ?これ保険出ないの?」なんてことになっても自己責任ですからね。

まぁ保険の見直しとか新規で入ろうかと考えているのであれば、保険の知識がある人に参考程度の話は聞いた方がいいと思いますよ。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

とこ
2018年10月13日 10:15
こげさん、いいお話をいつもありがとうございます。
私も何度か自分の不注意で、ケガをし保険のお世話になった身なので、何もない時は何の役に立つの?と思ってましたが、今は保険に入ってて良かったな~と思ってますよ。
こげ
2018年10月13日 22:44
とこさん>
保険金を受け取ったことのある人ならではのお言葉ですね。
一度でも保険金を受け取ると「保険入っててよかった」って思えるんですよね?
それでも払い込んだ保険料と差し引きすると、得はしていないことの方が圧倒的に多い。今回の私も病院に払った金額だけを考えると、貰う保険金の方が多くなる計算ですが、これまでに払い込んだ保険料を差し引くと「やっぱりねー」って感じですもの。
保険ってとんでもない大金が必要な病気にでもならない限り得をすることはないけど、そんなことになって収入が減っても安心して治療に専念できる環境を作るために保険が必要なんだと私は思っています。





すこーぴお
2018年10月15日 15:26
退院おめでとうございます。
「私は絶対に勧誘しない」というこげさんの考えは私も同意見なのですが、実は先日こんなことがありました。
すぐ近所の60歳すぎの奥さん(親しいお付き合いは一切なし)がある日突然ピンポーンとやってきて、「今日は私事で・・・」と玄関外で話し出しました。
どうも最近ダスキンのパートを始めたらしく、今なら期間限定でこの品々が無料で借りられるからどうかとチラシを見せてすすめてくるのです。これを頼んだからといってその後契約しろなんて言わないから、試してみてと。私は近所の人に突然セールスされるなんて思ってもみなかったからびっくりしました。ちょうど家族で出かける直前だったため、返事をせずそれを理由にそのまま別れたのですが、1ヵ月後くらいに今度は制服を着た女性の上司?を連れてやってきたではありませんか。その時は留守にしていて、録画したものを見てわかったのです。
私は近所にセールスするなんてどうなんだろうって思います。もう気分がどよ~んとしました。最初の訪問時は同じ班の家を回っていたようです。だいたい最初の訪問の後、その気があるならこちらから連絡するし、ないということは・・・って考えてほしいものです。もしかしたらセールスって仕事は嫌われてナンボだから強引なくらいじゃなきゃだめなんでしょうかね?
保険会社にお勤めのこげさんのご意見をぜひ聞かせてください。
こげ
2018年10月15日 21:39
すこーぴおさん>
コメントありがとうございます。
ご近所でそういうことされちゃうと、対応に困りますね(^^ゞセールスが仕事なら仕方ないのかもしれませんけど、パートならそんなに必死にならなくても…という気がしちゃいますが、その方はある意味真面目なんでしょうね。
セールスって強引さも必要なんでしょうけど、駆け引きみたいなことの方が重要な気もします。
よく知りもしない人から「あなたと友達になりたい」とか迫られても、逆に引いちゃうのと同じで、何事もステップって必要だと思うんですよね。
あと何を売るか?によって近づき方も違うかも。
ダスキンさんのように目に見える「物」を売る人と、私のように目に見えない「保険」を売るのとでは戦略も違うでしょうし、同じ保険でも損保と生保では違いますからね。
しかしその方はご近所さんより、親戚などから攻めたらいいのに…と思いました。
1回OKしちゃうときっと次が来るでしょうから、自分にとって本当に必要かどうかをよく考えて下さいね。くれぐれもその方の勢いに押し倒されませんように(笑)

この記事へのトラックバック