サケラボで天に召されるの巻

毎日暑い!しかし会社によって勝手に夏休みが設定されているため、コロナで遠出ができないにもかかわらず無駄に長い夏休み。
そんなこげさんの救世主はやっぱりお酒よねー(笑)

昨日は決まった休みのない友達が3か月間で消化しなくてはいけない夏季休暇の1日を使って、こげさんの昼飲み天国に付き合ってくれたのだヾ(。゜▽゜)ノ

それで十条駅近くにあるサケラボトーキョーというお店に行って、二人して昼から日本酒三昧してきましたよん

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13184787/



こちらのお店に行くのは2回目。
「いろんな日本酒を呑んでみて、好きな銘柄を見つけながら、日本酒を好きになって欲しい」みたいなコンセプトのお店で、飲み比べし放題コースというのがあるのですよ。
その日お店にある日本酒を2時間半で全部飲んでいいよ!というもので、同じ銘柄を2回お願いすることはできないんだけど、1人1銘柄1杯ずつを2時間半かけていろいろ楽しめちゃうのです。

昨日のこげさんご一行が楽しんだお酒を写真に残してありますので、一挙公開!

スタートの1杯目は、2人で同じ銘柄を!1杯目なのに「FINAL」って(笑)
なんかね、このスペックで造るのは今年が最後らしくて、それで「FINAL」なんだけど、私達酒飲み女二人の人生のFINALか?みたいなね(笑)
呑めるのは今年が最後かも…なんて言われたら、そりゃ呑みますわよ!

01.jpg

02.jpg

ここから先は違う銘柄を楽しみました。写真向かって右が友人が呑んだ銘柄、左がこげさんが呑んだ銘柄です。
いつもならお互いのグラスを交換して飲んだりするんだけど、今はコロナの関係でお店から「ご遠慮ください」って言われたので、それぞれ飲みたいお酒を楽しんだのです。

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

次の2酒は1本ずつの写真になりましたが、最初の写真がこげさんが呑んだもの、次の写真が友達が呑んだものです。

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

以上です。
この写真の記録によると、1人10銘柄です。確か1杯60mlぐらい注いでもらってるハズなので、軽く3合呑んでる計算になりますね(^^ゞ
前回行った時はまだコロナ騒ぎがここまで来てなかったので、お互いに違う銘柄を頼んでグラス交換し合って飲めたんですけど、この友達と二人でそれができたら全銘柄制覇しちゃうんじゃないか?ってなぐらいの勢いで呑んでるわ(笑)


平日の昼間から女二人でこんなに呑んでるのに、お互いに意識しっかりしてて、こんなに呑んでるのに酩酊しないってある意味無駄に呑んでないか?って気がしなくもないけど、二人で天に召された気分で帰りました。


十条はこげさんも友達も通勤ルートからハズれてるので、なかなか簡単には行けないけど、行けない時はサケラボさんのYouTubeを見て、お店に行った気分でも味わうことにしましょう。

https://www.youtube.com/channel/UCEGN4Z0hbYqodLNcgub1agw?view_as=subscriber


でも、またお店にも行くつもりだよ(笑)
呑み過ぎてブラックリスト入りして出禁にならない程度に楽しみたいと思います。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ヤマンサ
2020年08月15日 22:31
無駄に長い夏休み、満喫されたようで何より。お酒がたくさん飲めるって、いいね。
こげさんの体質も、お店も。

僕はお酒(特に日本酒とか)は詳しくないので
味の違いとかよく分からないのですが
これだけたくさんのお酒があると
全部試したくなるキモチわかります。
やっぱり、辛口とか甘口みたいに違いもある
だろうし、全然風味?とかも、違いますか?

なんかビュッフェで全種類制覇したいのと
似た心境ですね、ここは。

店、潰す勢いで来年も行けるといいですね。
出禁になんてなりませんよ。
こんな楽しく味わって酒を呑みに来て
くれるんですから!(笑)
こげ
2020年08月16日 19:50
ヤマンサさん>
日本酒はホントにピンキリでして、甘口辛口とかもあるけど、他にもいろいろ楽しめる要素があって、楽しい栄養ドリンクなんですよ!
ただ私は「日本酒は悪酔いする」っていうレッテルだけは全面否定しますけど、興味もない人に無理やり勧めるみたいなことはしないので、興味があってちょっと入口に入ってみたいな!って思ってる人には「じゃあ一緒に飲みに行く?」って誘う程度ですね。
近所にもこういうお店が欲しいけど、近所にあったら身の破滅を予感させるお店です(笑)