どういうこっちゃ?

今日は朝からビックリなニュース。
布団の中でまだ頭がうすぼんやりしてる状態でYahoo!ニュース見てたら、「へっ( ̄▽ ̄;)?」と「ぅえっ( ̄▽ ̄;)」と「うそっ( ̄▽ ̄;)?」が合体して、思わず「ひょえっ( ̄▽ ̄;)」みたいな言葉が出てきてしまいました。

竹内結子さん…。
春馬君といい、芦名星さんといい、なんかもう今年は何なのかしら?

こういう選択をした理由なんて本人しかわからないどころか、もしかしたら本人でもわからないのかもしれない。
何かふっと違う世界に入って行ってしまったのかな?
それぐらい精神が疲れていたのかな?

とそんなことを思ったのですが、私は1つ気になっていることがあるのです。

著名人に限らず自ら命を絶ってしまった人に対して「真面目な人だった」的な言葉で故人を語る人がすごく多いな…と思うんです。
「真面目」「頑張り屋」「ストイック」こういう表現されることが多いなと…。

もう1つ思っているのは「頑張りすぎちゃったのかな?」みたく言われることね。
もちろん悪い意味で言ってるんじゃないことはわかってますよ。
「そんなに自分を追い込まず、もう少し肩の力を抜いていいんだよ」的な意味合いで言ってることはわかります。

私はそういう真面目で頑張り屋でストイックな人が、自ら命を絶ちたくなる世の中がおかしいと思うんです。
本当は頑張れば頑張るほど自分の夢が実現できるとか、自分の成長を実感できるとか、頑張った先にいいことがあって、また違うことで頑張って行こう!と思えるような、夢とか希望が持てるのが理想だと思うんだけど、今の世の中そうじゃない気がするんですね。

これまで何度もこのブログで書いてますけど、業務能力が低い人や、そもそもヤル気がない人がいる職場って、真面目に仕事に取り組んでる人がその分を背負ってくれてるから、なんとか成り立ってると思うんです。
でもその結果真面目にやってる人に負担がかかりすぎて病んでしまったりする。
そうなった時に「真面目すぎたんだよね」とか言ってる人がいるけど、そう言ってるのは業務能力が低かったり、そもそもヤル気がないヤツなんですよねぇ。

病んでしまうまでいかないにしても、負担掛けられてる方はそのうち不満が溜まって来る。「何であの人はやらないで、私だけ?」みたいなね。んでそれを口に出すと不平・不満が多い人みたいに言われて、いつの間にか悪者になってたりする。

病んでも病まなくても、頑張ってる人があまり良くは言われないっていうのは、実際に多いような気がするんです。

そりゃね、できない人やサボってる人の分も自分で背負って、何一つ文句も言わずいつも笑顔でにこやかにしてる人なら悪くは言われないと思いますよ。だけどそういう人は病みやすいんじゃないかな?
いつの間にか自分を追い詰めてたりしてね…。

真面目にやってる人が浮かばれない風潮が今の世の中にあるんじゃないかな?って、最近よく思います。

芸能人とて普通の人間。
何があったのかはわからないけど、頑張ってる人がもっと夢や希望を持てる世の中だったら、自ら命を絶つなんてことにはならないような気がするのですが…。


私は「真面目」で「頑張り屋」で「ストイック」な人が、自分を追い込んででも夢中になれるものがあるってステキなことだと思うんです。


真面目にやってる人が浮かばれない世の中ってどういうこっちゃ?
頑張ってる人が疲れ果てちゃう世の中ってどういうこっちゃ?

どうか真面目な人や頑張ってる人が浮かばれる世の中になりますように…。












意味がわからんとです

さて、ここ最近のこげさんのココロの不調。
会社のストレスチェックで高ストレと判断され、産業医面談の対象になるぐらい疲弊してます。

イベントが中止になりまくりとか、気持ちよく外出できないとか、旅行にも行けないとか、コロナが原因となっている要素も大いにあると思うのですが、考えてみれば元々が引きこもりのヒッキーさんタイプなので、多分そこまで大きな原因ではないと思うんです。
イベントだってそんなにしょっちゅうあるわけじゃないしね。

やっぱり職場だと思うんですよねー。何度考えても、職場が一番の要因としか思えない。

とにかく今の上司がとっても苦手なタイプというか、こげさんにはホントに理解できないんです。
もちろんこげさんが違う見方をすればなんともないのかもしれないし、考え方によってはこげさんが間違ってるかもしれないんだけど、とりあえず今のこげさんの能力では、理解できないタイプ。

その日その時の気分や、相手によって言ってることが変わるようにしか見えないし、人の話は聞いてない。
自分の考えが何よりも誰よりも正しいと思ってる感じで、違う意見が出るとなんとしてでもねじ伏せようとする。
こげさんにはそういうふうにしか見えないんです。

そんな上司とほぼ毎日顔を合わせている中、こげさんの精神を混乱させている一番の原因が次のようなやり取り。

こげさんが何か相談したり提案したりすると、その大半は「考えとく」とか「確認する」とか言われて保留になるんですけど、その後一向に答えが返ってこないんですね。当然こっちは答えを待ってるわけです。
暫くして「どうなってますか?」と督促的なことを言うんですけど、ほとんどの場合は「あーまだ手を付けられてないんだ」的なことを言われるんです。

このブログを読んで下さっている方にお伺いしたいのですが、こげさんはこのやり取りについて、上司は本当に忙しくて考える時間がなかったか、実はすっかり忘れてたのを誤魔化してると受け止めるんです。
「手を付けられてない」と言うならまだマシで、すっかり忘れてることも多いから、どちらかと言うと「コイツ忘れてたクセに誤魔化してるな!」って受け止めることの方が多いんですけど、この受け止め方って何かおかしいですかね?

この上司のお考えによると、こげさんの受け止め方が間違ってるらしいんですよ(笑)

そういうことが積み重なった時期があって、困り果てたこげさんが更に立場が上の上司や、派遣会社に相談をしたのですが、こげさんがこういうことで困ってると伝えたところ「こげさんに自分で考えて動く力をつけて欲しいから、敢えて返事をしていない」と言ったそうな。


こげさん=相談する。

上司=「考えとく」「確認する」と言ってボールを受け取ったまま返事しない。

こげさん=「どうなってますか?」と聞く。

上司=「まだやってない」「何だっけ?」

このやり取りを、どうやったら「あー私に自分で考えて欲しいから敢えて返事をしないんだな」と解釈できるのでしょうか?

この日本語のやり取りで、そういう解釈をしろ!というのは、国語の教員免許を持ってるこげさんには無理ですわ。
意味がわからんとですよ(笑)

こげさんは派遣だし、配属されて半年だし、まして何も教えてもらえないまま仕事はほぼ丸投げされてるから、こっちとしてはいろんな業務について一応相談するわけですよ。
いくらこれまでと同じ業界の仕事とはいえ、会社が変わればやり方が違ったり、取り扱い規定が違ったりするので、これまでの経験だけで勝手に判断してはいけないと思ってるので「これ、どうしますか?」とか「このやり方でいいですか?」とか聞くわけなんですけど、内容によっては「考えとく」とか「確認する」と言われるので、こっちとしてはそのまま待つわけです。

最初の頃は返事がないことで自分の仕事が止まるし、急に「あれどうなった?」とか聞いてきて、当然のことながらやってなくて「まだやってないの?」みたいなことを言われるので凄く気にしてたんだけど、できるだけ「返事をしないお前が悪い!」と思うようにしてたんですね。
もしくは自分で勝手に判断してやったりしてたわけですけど、それはそれで上司が知らないやり方だったりすると、結果的には間違えてるわけじゃないのに「勝手に判断してやらないで」的なご注意を受けるのです。

そういうことの繰り返しで困り果てて、更に立場が上の上司や派遣会社に相談をしたのですが、時間差で相談して2回とも同じように答えたということで、こげさんは諦めモードに入ったのですが、その結果が高ストレスで産業医面談の対象者になったような気がするのです。


自分で考えて行動して欲しいなら、最初にこっちからボールを受け取らなきゃいいんじゃね?って思うんだけど…。
最初から「こげさんに任せる」って言えばよくね?って思うんだけど…。
だから最近は「課長からの返事待ちです」って言うようにしてるんだけど…。


最初に書いた通りこの上司は自分が誰よりも正しいと思ってるから、今後もこの対応は変わらないよね?
他にもいろいろあってさ…。

ホントこの人、意味がわからんとです。

こげです…。

こげです…。

こげです…。

ヒロシではありません、こげです…。









みなさんお元気ですか?

なんだか井上陽水さんが出ていた車のCMを思い出すようなタイトルですが、みなさんお元気ですか?
こげさんはちょびっと病気です(笑)

コロナに楽しみを奪われ続ける2020年。ライブは中止になるわ、外出も楽しめないわ、友達とも思うように会えないわ、サッパリわけのわからん上司に振り回されたりして、めちゃくちゃストレスフルな毎日を送っていたら高ストレスと判断されて産業医面談を受けたりして、ロクなことがない2020年です。

まぁ、精神的には病んでるみたいですけど、身体は至って健康。
飲むタイプ全身用のアルコール消毒液を毎日摂取してるので、その効果が絶大なんだと思います(笑)

しかし、ホントこのコロナのせいで、どんだけ楽しみを奪われたことか…。
2/29打首獄門同好会のライブが中止になったのを皮切りに、ふなちゃんのイベントがいくつ中止&延期になったことか…。
楽しいことは次々に奪われて行くのに、職場での嫌なことは全く奪われないっつーね

楽しみが奪われると言えば、この連休、稲佐山では福山さんの30周年記念ライブが開催される予定だったとか?
行くのを楽しみにしていた友達からチラホラそんな情報が入ってくるのですが、こげさんにとってはもはや「へぇ~そうなんだ」ぐらいな感じになってます。

あれから5年経つのね?
修行をしてるかのように稲佐山のてっぺんでしょぼ降る雨の中を耐え忍んだ5年前は「5年後もこの地で!」としか思ってなかったのに、まさか5年後にふなっしーにハマってるとは、全く想像してなかったよ(笑)

毎年この時期になるとどうしてもいろんなものが頭に浮かんできちゃうんだけど、今年って5年前と同じ曜日の巡りなのよねー。

9/26(土)稲佐山で出会った人と東京で再会してランチ。
9/27(日)BROS.TVで稲佐山ライブのことやってて、友達とLINEとかで盛り上がりながら楽しんだ夜。
9/28(月)職場で上司とバトった後のトイレの個室で衝撃の発表を知る。

もうね、この流れが忘れられないの(笑)

それに毎年この時期になると、このブログのアクセスが増えるのも面白い。
しかも5年前のあの頃の記事のアクセス数が急増するんだよね(笑)

あの頃のこのブログを通じて知り合った方々は、今頃どうしているかしら?
時々「まだ心の穴が埋められずにいます」なんてコメントくれた方もいたけど、今は心の穴を埋めるものができたかしら?
何度か会った方もいたわね。
今ではすっかり連絡も取らなくなってしまったけど、みなさんお元気ですか?


もちろん今でも繋がってる友達はおりまして、来年の稲佐山を楽しみにしてる人や、ライブには行かないけどWOWOWで見るのを楽しみにしてる人や、「親戚のお兄ちゃんを応援してる感じ」と言っている人など様々ですね。


年末のライブが近くなると「戻って来る気ない?」って聞かれることがあるんだけど、ゴメンね!全く戻る気配なしです(笑)

ふなちゃんも結構イベントがありましてねぇ~。そこそこ時間とお金がかかるんですよ(笑)
ファンクラブの年会費も実は福山さんよりお高いし(笑)
不定期に配信されるファンクラブ限定の動画を見たり、毎月27日の生配信を見たり、ライブにも行くし、ライブDVD買ったら見なきゃいけないし…と、時間的にも忙しいんです。

更に去年から打首獄門同好会さんにもハマりまして、中止にはなったけど無観客で生配信された2/29のライブがDVD化されたんで、その到着を待っているところ。

そんなこんなな状況なので、福山さんを通じて知り合った人達に関しては「今頃どうしてるかな?」って時々思い出しますけど、もう福山さんに戻ることはないでしょうね。

みなさんお元気ですか?って思い出すのがこの時期恒例のイベントになってるかもしれません(笑)


あの時長崎駅にいた猫ちゃんも今頃どうしてるかしら?

今見ると「お前!もう長崎に来ないのかよっ!」ってな感じの目してますね(笑)


IMG_3549.JPG



受け入れるキャパが狭い

なんだってもう9月ですよ。2020年も3分の2が終わっちまって、残りあと4か月ですよ。
ずっとコロナコロナコロナコロナコロナって、コロナに振り回されて、無駄に1年が過ぎちゃいそうですね。
ふなちゃんも「2020年はなかったことにしよう」って言ってたけど、ホントそうして欲しい。

何かホントに何もできないまま1年が終わりそうですよねー。今年はまだチャリも稼働してないんです。

チャリ.jpg

こげさんは基本的にインドア派なので、家に引きこもってなきゃいけないのはそんなに苦痛ではないんですけど、どこかに活動的な細胞があって、その細胞は夏になると活発的に細胞分裂するので、ホントなら今は1年にちょびっとしかない活動期間なのに、半強制的に引きこもり生活してるからマジでストレスです。

職場でもクソな課長に振り回されて、毎日デスノートにクソ課長の名前を百万回以上書いてる気分で仕事してるせいか、かなりのストレスみたいで産業医面談の対象者になるの巻(笑)

原因はクソ課長だったりコロナだったり更年期だったり生理前だったり、いろんな鬱々の原因はあるんだろうけど、なんだかねーって感じ。



ホント最近は精神的ににヤバイね。
いろんなことがどうでもよく思えてきたりして、感情が失われてるんじゃないか?って思うこともあるよ(笑)

こげさんの精神状態を測るバロメーターはタンスの中です。
普段は綺麗に片付けてあるタンスの引き出しが乱れている時は、だいたい心も乱れてる(笑)
こげさんの引き出しの中は、几帳面でキレイ好きな母も「これは無理」って言うぐらい普段はキッチリ片付けられているんですけど、時々汚くなる。そういう時はだいたいイライラしてるんですね。

今がまさにそれ!
多分、普段はキレイに畳んで入れてるので、少々のことでは泥棒が入ってひっくり返したようなことにはならないけど、畳み方が雑なまま置かれてる感じ。毎日洋服の出し入れの時に自分の目で見て「汚い」と思うんだけど、それをきれいにやり直す気力がないのです。

旅行にも行けないし、友達にも思うように会えないし、外食もなんだかな…って感じだし、イベントは中止になるわ、マスクのせいで口元荒れ荒れだしで、ストレス溜まってるんだろうね。

アカンわ(><)


でも最近自分でちょっと気付いたというか、前からちょびっと思うこともあったんだけど、自分は自分で自分のことを人見知りだとか、人嫌いだとか思って生きてきたんだけど、意外とそうでもないのかな?って思うようになったんです、このコロナ禍で。
こうやって長らく人と会わずにいて、結構ストレス感じてるのかな?と思うようになってきて、ってことは意外と人嫌いでもないのかも…なんて思ったりしたものだから、この前一緒に昼酒飲みに行った友達に話したら「多分こげちゃんは、人見知りでも人嫌いでもないと思うよ。ただ受け入れられるキャパが極端に狭いだけだと思う」と言われて、何か納得したのです(笑)

彼女とはお互いに言いたいことを言えるし、あまり言わなくても通じてるところがあって、なんかよくわかんないけど意外とお互いのことを理解してる関係なんですけど「受け入れるキャパが極端に狭い」ってのは笑いましたね。正解すぎて(笑)

自分でもホントにそう思うんです。
初対面の人には目には見えない透明な心の壁をかなりの高さで設定します。今ならソーシャルディスタンスをしっかり守れてる人として表彰された上に、その壁の高さでギネスに載るぐらいね(笑)
いろいろとお話したりはできるんだけど、実は内心ですごく警戒してるの。んで徐々に「この人は大丈夫そうだな」と思えてきたら見えない壁を低くしていく。
そこでそのまま親しくなれる人もいるんだけど、実はこげさんにはまだ左右に引き戸タイプの鉄の扉があって「やっぱり無理」って思うと、その鉄の扉を左右からガシャン!と閉じてしまうのです。もちろん透明な高い壁のまま鉄の扉を閉めちゃうこともある。

友達曰く「こげちゃんはその鉄の扉を閉じるのが早い」と(笑)

ワハハのハ!確かにそうですね(^^ゞ

だけど「そんなこげちゃんが自分とこうやって人生の半分以上友達でいてくれて嬉しいよ。」って言うから、私も「そうね。私に選ばれし貴重な存在よ(笑)」なんて笑って話したのです。


そうそう!そうなのよ!こうやって楽しくお喋りできる人となら、私はOKなの。
知り合ってからの期間とか関係なく、人によるってやつね。

友達も言ってたけど、ホントに人見知りだったり、人嫌いなら、一人旅で行った先の居酒屋で隣の人となんて喋らないし、ましてや松江の夜みたく見知らぬ地元の人の誕生日会に乱入なんてしないよね?(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ


ってなわけで、コロナ禍の中、こげちゃんは人見知りや人嫌いではないけど、受け入れるキャパが極端に狭い人ってことを発見したのであります。


ちなみに旅行先の地元の人の誕生日会に乱入した時の写真がコチラ
ホテルの周辺で日本酒飲めるお店を探して、たまたま入ったお店の店長さんが、その日常連さんのお誕生日会に行くことになっていたのにすっかり忘れて旅行客のこげさんと日本酒談義してたら「店長まだー?」とお迎えが来たんだけど「旅人さん(こげっちのことをそう呼んでた)も行くよ」と言って、連れて行かれた時の写真。

とっても人見知りで人嫌いなハズなのに、ピンクアフロ被って見知らぬ人と夜中2時まで飲んだ時の記録です(笑)


EhO_HQYUcAU6NZx.jpg