本当の働き方改革

全く持って収まる気配のないコロナ騒動。
まぁコロナには腹が立つけど、これを機に在宅勤務を増やす企業さんは増えてくるだろうね?
皮肉にもコロナがきっかけで、働き方改革が進んだりするんじゃない?なんて思ってたら、こんな記事発見!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000088-jij-pol

ハイハイ、これまた現場を知らない政府の方がおっしゃってるんですね。

確かにハンコが要らなければ出社しないで済むってのはありますよ。
だけど、もっと根本的に改革しなきゃいけない部分があると私は思うんです。

元々在宅勤務が主流で働いてる方達は、どういう仕事をしてる方なんですかね?
これまで在宅とは無縁で仕事をしてる者としては想像ができないんですけど、こんな私の職種でも在宅でできる仕事はいろいろあると思ってるんです。
PCや携帯などの通信機器を在宅でも仕事ができるように環境を整えてくれたら、半分ぐらいは在宅でできるんじゃないか?と思うんです。
個人情報を扱う仕事なので、その辺は少しネックになるのかもしれないけど、毎日出社しなくてもいい気がしてるんです。

でも在宅勤務が進まないのは何故かな?って考えたことがあって、そうこうしてたらコロナのせいで出社率3割以下に!っていうお達しが出て大騒ぎになりましたけど、PCなどの通信機器がどうこうとか、ハンコが要るからとか、仕事内容的に在宅は無理っていう理由の前に、もっと問題視しなきゃいけないことがあるんじゃないか?と思ってるんです。

これまで私が渡り歩いてきた会社でいつも思っていたのは、特定の人に仕事が偏ってるってこと。
権限が必要なことでもないのに、1つの業務についてAさんしかわからない、Aさんしかできない、そういう状態の会社ってけっこう多いんですよね。
そして、できる人にばかり寄せ集めて、何か起こった時はその人を頼りにしてるから、他の人は一向に覚えないし、できるようにならない。

覚える気がない人はいつまでたっても仕事ができるようにならないから、重要な仕事を担当しないし、イザって時も仕事を頼まれない。
やるべき仕事をきちんとやる人、仕事を覚えようとする人、そういう人に重要な仕事が分担されることで、イザって時に追わされる負担も大きい。
そういう理不尽な状態を問題視する気もない管理職。
おそらくできる人にこなしてもらえればそれで良し!って感じの職場は多いんじゃないでしょうか?

だから今のような緊急事態に耐えうる組織になってないんだと私は思うのです。

この緊急事態で出社率を3割以下にしろ!というお達しに対し、普段は在宅勤務を取り入れてないところでも、とりあえず表向きは3割以下になってるシフト表を作ったと思います。

だけど普段の体制が100%出社でやってたところは、在宅勤務用の通信機器なんて急には準備できないから、出社しないとできないということになる。普段と同じ量の業務を3割の人数でこなそうとする。

そうなると当然のことながら、普段からきちんと仕事をこなしてる人に出社してもらおうという考えになりますよね?
だって、普段から仕事できない人が出社しても、大した仕事ができないんだから、できない人を在宅にして、出来る人を3割集めて10割の仕事をさせることになる。

誰が考えてもそうなりますよね?

結果として、表向きは出社率3割以下になってても、個人別に見ると特定の人が8割ぐらい出社して、他の人が8割在宅なんてザラだと思うんですよ。そんなシフトにして組織として3割以下になりました!って報告してるところ多いと思うんです。

うちなんかまさにそれです。特定の人に特定の業務をやらせてるから、その人を出社させるために私は在宅日が多いんです。
そもそも人数が少ないっていう問題もあるし、私がまだ入社したての派遣だからってのも原因の1つではあるんですけど、いろいろ話を聞いてると元々の組織が、個人事業主が数人並んで座ってるみたいな環境だったらしく、隣が何やってるか全くわからん!って感じみたいなんですよ。
私は別にいいですよ。所詮は派遣だし、私があれこれ対策しなきゃいけない立場でもないし、ろくな引き継ぎ受けてないからやれることも少ない上に、派遣には持ち出しPCや携帯は貸し出せないような状況では、私が圧倒的に在宅勤務してる反面で社員さんが出社して、全体として3割以下ですよ!でいいですよ。こっちは在宅でやれることもないから、家でダラダラして給料くれるならラッキーですけど、組織としては間違ってると思ってます。特定の人に負担をかける環境って、組織としてダメだと思うんですよ。


ハンコ文化がどーとか、PCとかのネットワークの問題とか以前に、普段の業務分担の在り方と人材育成をすることが必要だと思うんです。
誰でもある一定のレベルの業務は理解しておくこと、1つの業務を最低でも2人で対応する体制を作ること、出社しないとできない業務と在宅でもできる業務の両方の業務に普段から平均的に携わること、そういうことを普段からやっておく必要があるんじゃないか?と思うのです。

普段からそういうことをやっておけば、出社率50%にするのは簡単ですよね?
同じ業務をやれる人が2人いれば、一人は出社、一人は在宅にすることで半分になるじゃないですか!
更に締め切りとかを考えて、出社しなくてもいい日を混ぜていけば、3割以下には意外とできるんじゃないの?って思うんですよ。


私がまだ社員だった頃、課のリーダー職をやってた時に業務改革委員会みたいなのがあったんですけど、誰でもある一定のレベルの業務は理解しておくこと、1つの業務を最低でも2人で対応する体制を作ること、これが最大の目標でしたね。
そうしておけば、体調不良で急な休みが必要になっても安心して休めるし、夏休みとか長期休暇した時でも、出社してる人ができるだけ対応して休み中に止まってしまう仕事を減らし、休み明けに少しでも早く日常業務に戻れるようにすることで、全体としての繁忙時間を減らせるという体制でやっていました。

私はそういう環境で仕事をしてきたのがスタート地点だったので、これまで一度も「私がいなきゃ職場が回らない」なんて気持ちになったことはありません。もしそんな考えを持つ人がいるとしたら、その職場は組織としてダメだと思うからです。
何十年私が同じ仕事を担当してていても、後任にはすぐに引き継げ、私がいなくなっても業務が滞りなく動いてこそが組織だと思うし、私がいなくなった後「こげさんがいなくなって大変だよ」なんて言われないようにっていつも思っていました。
時々「自分がいなくなっても全然困ってないって言われたら悲しい」って言う人がいますけど、私にはその気持ちも、そんなダメな組織も理解できません(笑)


でも、派遣で働くようになって数社転々としてますけど、ダメな組織が多いですね。
特定の人に負担をかける組織が多いです。
わからないことはわかる人にやってもらえばいい的な職場がなんと多い事か!

管理職もそういうところに目が届いてないし、ちゃんとやる側から訴えても無視してるしね。

そしてできない人はいつまでもできなくて、できないから手伝うこともできなくて、どんどんどんどんできる人の負担が増える。
ちゃんと仕事する人って責任感も強い人が多いから、イザって時に「自分がやらなきゃ」って気持ちになりがち。

だから多少体調悪くても、責任感で出社しちゃう。
結果としていろんな人に風邪をうつしたりする。
風邪ならいいけど、今は死に直結するようなコロナウイルスですよ。

そういう人の出社率を上げて、できない人の出社率を下げて、全体として3割以下ですとか言ってさもさも社会に貢献してるかのように振舞っても、実際にやってることは仕事ができる人にコロナの感染リスクを負わせて出社させてるんですからね。
その間、仕事できなくて普段から楽してる人がたくさん在宅勤務で、コロナの感染リスクからも逃れてる。
ぶっちゃけ、普段から在宅勤務なんかしてない職場の平社員なんて、いきなり在宅になってもやることないよ。ほぼ家でゴロゴロしてる人の方が多いよ。


ここ数年、働き方改革とか言って、働く時間を選べるようにとか、在宅勤務を取り入れるとか言ってるけど、特定の人に負担をかけて成り立ってる組織っていう問題があると思うんだよね。


ハンコを廃止したって、人材育成ができてなきゃ実現しないことの方が多いと思うけどね。


仕事ができちゃうから普段から仕事の普段が多くて、コロナ感染リスクを背負わされて出社を要請される人も、仕事できないから普段も楽して今も在宅勤務でコロナ感染のリスクが少ない人も、どっちも同じく10万円。

ホント理不尽な世の中だよね。



しかし、医療関係者とか、流通関係者とか、どんな時でも在宅勤務なんかできない人には頭が下がります。
こういう仕事をしている人からしたら、私のような事務仕事なんて全部休業でもいいと思う。こういう人達に少しでも負担がかからないように、今はホントに家にいろ!って思いますわ。


いろんな芸能人が動画をUPしてるけど、それはそれで家で楽しい時間を過ごせて嬉しい!
でももし可能なら、著名人から外出自粛を訴えるCMを流せないものか?って思ってる。
例えばライブをやりたいアーティスト。ライブに行きたいファンはたくさんいると思う。
「1日も早くライブで皆に会いたい、だから今はステイホーム」その一言で結束するファンは多いんじゃないかな?
動画で見るのもいいけれど、楽しくて感動的なあの時空間が1日でも戻ってくるように、今はとにかく家にいよう。不要不急の外出はもう止めよう。
そんなCMを流したら、もう少し外出する人は減るんじゃないかな?

とにかく今は、医療体制が維持できるように、個々にできることをやるしかないよね?


最後だけ真面目に語ってみました。









"本当の働き方改革" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。