在宅勤務

真面目に自粛生活を送っているこげっちです。無駄な出勤命令日に出勤する以外は、ほぼ家にいます。
GW中は出勤もしないので1日の総歩数が10歩の日もあったよ(笑) 

ポイントサイトでゲームやったりしてますけど、それも若干飽きてきたというか、友達とご飯食べに行きたいとか、温泉に行きたいとか、昼飲みしたいみたいな気持ちが強くなってきて、過去の旅行写真を見返したりして過ごしています。
今日は北海道で食べたいくら丼ダー! ダーダーダー!

IMG_8357.JPG


4月中旬から何の指示もなく準備もされないままダラダラした在宅勤務が始まり、ゴロゴロウィークも終えて、先日はちょびっと出勤。
在宅勤務用の持ち帰りPCが準備されていましたが、予想していた通り上司の手配不足だらけで家に持ち帰ってもほぼ意味はないPCだったので、今後も今までのようなダラダラな在宅勤務が続く模様(笑)


さてその在宅勤務ですが、コロナを機に一気に在宅勤務を取り入れる企業が増え、働き方改革が促進されるのでは?と言われているようですね。
確かに在宅だと通勤時間が要らなくなるのはいいですよねー。私なんぞは元々早起きが苦手というのを通り越えて朝起きるのが苦手ですから、9時に仕事始めるにあたり8時半まで寝ていられるのは嬉しい!通勤ラッシュともオサラバできるのは嬉しい!
終業後もお風呂に直行できるし、全体的に夜の時間が増えるので、ゆっくり酒飲めるのも嬉しい!

もっとまともな上司で、仕事できる準備(機材的な面)をしてくれるなら、在宅の方が進む仕事もあるし、週に3日ぐらい在宅勤務で残り2日は出勤とかでも十分じゃないかな?って思える。少なくとも2日は在宅でいいような…。
この業界は完全在宅ってわけにはいかないけど、できる部分は在宅でいいんじゃない?とは思いましたね。
まぁ、きちんとした管理職がいての話だけどね(笑)

おそらく業種によってはほとんど全てを在宅でできる仕事もあるんでしょうね?
できるところからどんどん取り入れて行けば、プライベートの時間が増えるとか、通勤ラッシュが解消されるとか、いろいろいいところがあると思うんですけど、今後どうなっていくんでしょうね?


ただ、個人的には住環境が在宅勤務に適していないので、そこがネックですね。
自分だけの部屋がないし、高齢の両親がいて耳が遠いからテレビの音は爆音だし、シフト勤務の弟もいて夜勤明けの日は大いびきかいて寝てるし、そんな4人家族が昔ながらの狭い団地でゴロゴロして生活してるので、仕事ができる環境ではないんです。
だから在宅勤務の話が出た時も、PCはノート型しか置けないし、いくつも書類を保管するスペースはないこと、デスクに椅子ではないことや、在宅日のテレビ会議は無理!ってことを言ったわけですよ。


自分自身がそういう住環境なので、急に在宅勤務を命じられてすんなり対応してた人を見て、いったいどんなところに住んでるんだろう?って思ったんですよねー。

在宅勤務って推進した方がいい面はたくさんあると思うし、在宅で十分に対応できる業種もあると思うけど、誰もがそれに耐えうる住環境にあるのか?ってのはネックなんじゃないかなぁ~なんて、自分の環境に重ねて考える今日この頃。


まぁね、そもそもがだらけた性格のこげっちさんですから、在宅勤務の一番いいところは?と問われたら、その回答は「休憩中にゴロリと横になれること」なんですけどね(^^ゞ

このままダラダラの在宅勤務が続くのもいいかな?なんて思ってます(笑)










"在宅勤務" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。