不思議な人達大全集

コロナに翻弄されているうちに、いつの間にか過ぎ去って行った2020年前半。
気付いたら1つ歳を重ねて49歳になっていたこげっちです。

コロナのせいなのか、梅雨という最も嫌いな季節のせいなのか、更年期のせいなのかよくわかりませんが、そういうもの全てのせいだと思っているんですけど、とにかくここ最近イライラが続いていて、このブログも先月は全く更新する気力がわかずに放置状態…(^^ゞ

最近はドハマリしていたポイントゲームすらヤル気が起こらず、いろんなことに対する気力が失われてきています。

というのも、過去に何度も書いてるかと思いますが、真面目にやってる人が損をするような世の中の理不尽な出来事に対して、心の底からヤル気を奪われているんですよ。なんかもう全てが馬鹿馬鹿しいというかねぇ…。

責任は感じても責任は取らない総理大臣とか、コロナ感染拡大の原因がまるで国民のせいのような言い方をする大臣とか、橋の色を赤くするだけの知事とか、法に触れるような選挙活動してた夫婦に600万円を超えるボーナスが至急されるとか、そういう人達を見てると「何でこういう人達がトップにいるんだろう?」って不思議な気持ちになるんですよ。

会社も政治家さん達のミニチュアみたいなようなもので、何社か転職してますけど、頑張ってる人が報われるところってほとんどないな…と思うわけです。実際、友達と話していても、必ずダメな人がいて、ろくでもない上司がいて、そういう人が楽をして、ちゃんとやってる人が損をするような組織がいっぱいあるんですよねー。

自分が遭遇した不思議な人達と、友人などから聞いた不思議な人達を集めて、不思議な生き物事典でも作れるんじゃないか?って思うぐらい、不思議な人達がいますよ(笑)

・25日に先方着が締め切りなのに26日に発送して「間に合うと思ったので送りました」と言った人。
・先輩に質問しておきながら説明を受けてる最中に寝ちゃう人。
・「同じ方向だから乗れば?」とか言われてもいないのに、送ってもらうのが当然のごとく黙って先輩の車に乗ってきた人。
・日中お喋りばかりして仕事せず、夕方から仕事を始めて忙しそうに振舞う残業代泥棒。
・家庭の事情で「残業できない」と言うのに、終業後の飲み会には毎回出席できる人。
・やることありすぎて忙しいとか、仕事が終わらないとか言いながら自分のスマホを見てる人。
・人に教える時間はないけど、自分の自慢話をする時間はたくさんある人。
・回答までにすごく時間がかかるけど、持って来た答えの大半は質問とズレてる人。
・絶対に一度では物事が終わらない人。
・自分は人から頼られてる、もしくは好かれてると勘違いしてる人。
・人をけなすことで周りが楽しい気分になると思って、チラッと嫌味を言って人を不快にさせて楽しんでる人。

パッと思い出しただけでもこれぐらいいるんですけど、1冊本が書けそうな気がしませんか?
募集したら他にもいっぱい出てくると思うんですよねぇ。(笑)

こういう人が一人もいない会社ってないのかな?

ってか、逆にこういう人が求められる世の中なんですかね?


なんだか約半世紀生きてきて、これまで時間内に正しい仕事をしようと努力してきた自分が、とても無駄な時間を過ごしてきたような気分になっている毎日です。




"不思議な人達大全集" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。